2014年6月25日 (水)

からだのふしぎ ~股関節の痛みからバーストラウマへ~

股関節の痛みの為に通い始めた接骨院でしたが、2ヶ月通っても

痛みが全く変わらないので、やはりこの痛みは、外的なアプローチでは

効かないのだという結論に至り、接骨院を変えました。


以前から、からだとこころは繋がっていて、こころの状態がからだへの症状となって

表れると思っていて、究極、神様が作ったこのからだは、自分自身で治せるものだとも

思っています(笑)

それでも、長い時を超え進化の過程で、その能力を使えなくなっているのが事実だとも

思っていて、それならば、からだの声を聴ける人に聴いてもらうのが良いと思い、

通い始めた接骨院は、不思議でいて、今の私のニーズにぴったりの場所でした。


通い始めて2ヶ月になりますが、あんなに違和感があった深い所の痛みが

大分取れました。

先生が私の身体の声を聴いて、その部分にアプローチしてくれますが、

今まで違和感のあったからだの歪みや、長年違和感のあった関節の固まりが

取れたのはもちろん、それは一過性のものではなく、またその痛みの原因へも

辿り着いてくれる治療で、先生のお話しや言葉は決して上手ではないのですが(笑)、

あとはこちらの漠然と抱えていた想いとの一致にてそこへ辿り着きますので、

自分と向き合っていることで更に快方へ向かうのだと思いながら、先生に委ねています。


今回の治療は、深い所までわかったそうで、なんと、私は女性ホルモンに対して

アレルギーを持っているそうで^^; 自分で出すエストロゲンを攻撃してしまう、

自己免疫疾患のようで、この原因は、胎内に居た時の母親の想いだったりするそうで、

バーストラウマと呼ばれるものかもしれないということでした。

生まれる前のことなので自分ではどうすることも出来ないですよね(笑)

私が、不毛な親子関係であるわけでもないし、普通の親子ではあるのに(笑)

この、幼少期に受けた母親(家族)の想いや言葉で受けた傷が何十年も経って

こうしてからだへと症状として表れるというのは、なんとも恐ろしいことです(笑)

母もまた、母から受けた傷を背負い、その母のそのまた母も同じことを繰り返し、

私もまた、何らかのカタチで息子にその傷を与えているという、人間とは因果なものです。

それでもこうして、からだへの痛みというサインとして表れるのは、

守られているんですよ、と先生に言われました。。


生きやすい自分になる為に、ひとつひとつ様々なトラウマやカルマを解消してゆく

作業は、きっと一生続くのでしょうが、こうして自分では観ることのできない自分を

こういったカタチで観ることが出来ることを楽しみたいと思っています。

このきっかけをくれた股関節にも感謝です(笑)

Gosyoko2
大好きないつかの御所湖

2014年6月24日 (火)

残雪の裏岩手連峰開山祭 ~登山の目的~

6月22日(日) 残雪の裏岩手連峰開山祭に行って来ました。

http://www.hachimantai.or.jp/event/2014/kaizansai.pdf


岩手山登山2日後でしたので迷いましたが、

ガイドにIBCラジオ「いわての山トレッキングガイド」の阿部陽子さんが

来るということで申し込みをしました。

そもそもこの申し込みは、早池峰山で知り合った方に誘われてのことでしたので、

みんなでワイワイとツアー的で楽しいものでもありました。

コースは初級の三ツ石コースでしたので、楽に楽しく、花々を楽しみ、鳥の声に癒され、

曇り空の為日焼けも気にせず(笑)、約10kmを歩いてきました。

0

目指す山は、三ツ石山です。

11


行く先々で、こんなにお花が咲いていました。

銀竜草
1


4

サンカヨウ
5

オオバキスミレ
6

まだまだあります^^

7

イワカガミ
8

シラネアオイが色濃いのは土壌のせい?

13

ハクサンチドリ
16


21

ミヤマキンバイ
22


27

ミネザクラ
28

どれも可憐な花々です。(名前は…書いてないものは忘れました(^^ゞ)

高山植物は本当に可憐でひっそりながらも凛と咲いています。

もう少し工夫して撮影したかったのですが^^;邪魔にならないように。。


そして辿り着きました、頂上に♪

40_640x360

岩場でおひるねzzZ(笑)

高い所は気持ちいいです(笑)

夏至の瞑想?^^

47



阿部陽子さんが言っていました。

自分の足を信じる ということを。

(そこに至るまでは訓練が必要ですが^^;)

靴は一番の自分のパートナーだから、しっかり選ぶということを。

そして、昨日一番の収穫(笑)だったのは、山を登る目的というものを聴けたこと。

最終的な山に登る目的は、自分の足で選択すること、すなわち自分で選択し続けることを

登山を通して浸透させてゆくことで、下山しても常に選択し続ける自分になってゆけて、

生きているという実感に繋がってゆくということを、楽しむこと。

自分を信じて、自分の選択を信じて、今を生きるという自分作りを、

山を通してやってゆけるということなのだというようなことを、

阿部陽子さんは言っていました。

真理は、どんなことからも、同じ場所へ行くものなのだなぁと、改めて思いました。

登山は、キレイな景色を見るのは当たり前にあるものだそうで(笑)

そこから何を自分に入れてゆくか、落とし込んで行くか、なのだそうです。


登る度に、いろんなことを感じます。

山はきっとこれからも、本当に色んなことを教えてくれるのでしょう。

今、山に登りたいのがどうしてか、なんとなくわかったような気がした今回の登山でした。

2014年6月23日 (月)

岩手山 ~岩手山登山へ向けて 本番~

念願の岩手山登山、行って来ました~\(~o~)/

準備し始めて半年、自分なりに準備出来ていたので、静かな気持ちで臨めました。

が、その日に限って雨予報^^;

残念なことに裾野から頂上まで雲の中でしたが^^;

まずは初めての岩手山頂上を味わいました♪

___2


せっかくなので、息子の雄姿を見ようと、近くを歩こうと決めたのが…^^;;;

いや~^^; 中学男子の体力を考慮していなくて、失敗した^^;と思いました(笑)。

それでも若いパワーと息子の雄姿を見ながらの道々は、あれよあれよと

頂上まで運ばれた感じ?でした(笑)

いつもの私のペースより早く、速度も一定でないので、いやはや疲れましたが、

歩いているうちに、ランナーズハイのようになり、筋肉の疲れや息の乱れも

全く無くなり、どこまでも行ってしまえそうな気持ちになり(笑)、私ってスゴイかも!

と思ったのも束の間、9合目まで行ったらモモが…^^;

攣るかも^^;;; と思ったので、少し休んでゆっくり歩き始めたところ、大事に至ることなく

無事に頂上へ到達しました!!

___1


裾野から頂上まで、景色というご褒美も無い、子供達にとってはただただ辛いだけの

登山で残念でしたが、こちらが思うほどでもなく、子供達は元気に走り回って

下山も恐ろしいことに走っている子も居て^^; 元気いっぱい楽しそうにしていました♪

大きなけがをした子も無く、160人みんなが目標としているところまで登れて、

思い出作りになったと思います。

私はと言えば、今季初めての筋肉痛を味わい^^;今もまだ少し違和感がありますが、

のど元過ぎれば…ではありませんが、あの苦しみももう忘れたので(笑)

今度は天気のいい日に、また行きたいと思います^^


岩手山~♪

ありがとう~~~~\(~o~)/

(万感籠めて♡)


ちなみに、写真が少ないのは、子供達の写真を撮りすぎて充電切れになって

しまったためでした^^;

頂上の写真を撮ってシャットダウン…夫に帰り時間を知らせるすべもなく^^;;;

一緒に行ったパパさんに携帯を借りた次第です(^^ゞ

どこまでもお粗末な私^^;;;でした(笑)

2014年6月16日 (月)

鞍掛山 ~岩手山登山へ向けて8~

息子の宿泊研修の岩手山登山も、今週末となります。

予定表や分担表をもらい、改めて、もうすぐだなぁと実感しています。

今回の同行する親は3人^^; 内二人はパパです(笑やはり^^;)

ということで、行きも帰りも一人で岩手山までの一時間半の道のりを運転することが

現実となり^^; 少々不安もありますが、体力的には不安も無くなったので(笑)

あと数日は体調を整えることをしてゆこうと思います。


今日は、岩手山登山へ向けての8回目。

訓練登山の締めとして、鞍掛山(897m)に、息子と友達、ママ友の4人で行って来ました。

中二の息子たちとの登山は、中総体が終わった久しぶりの休みのために

決行出来た本当に貴重な時間でした♪

若者の感性と一緒の登山は、いつもと違う楽しさを味わうことが出来ました(笑)^^


二人はホントに仲良しで色んな感性で、色んなものを見て、色んなことを発見して

楽しんでいました♪その様子何枚か。。

1

Hm5jgvzg72ni0101402923326_140292338

Cunyhpamhbephom1402923427_140292345

Kwwhmlvtnczdh9q1402923214_140292325


こんなものを見付けていました。私なら発見しないようなものを(笑)

4

8

13

1ck37avnpg09iu31402923503_140292353

ごめんなさい^^;こんなものも^^;;;

12

18

そんなこんなを発見しながら、辿り着きました、頂上です^^

Nmazeakkftqgezm1402922610_140292287

帰りは木漏れ日が美しい中を歩きました♪

19

20


下山後、滝沢市のお山の湯に行ってひとっ風呂浴び(笑)、

岩手山登山口に行ってイメトレ(笑)の後は、御所湖を通って帰って来ましたが、

まっすぐ帰ると言うはずもなく、御所湖の畔で少し遊びました。

今日の御所湖も、とっても美しいものでした♪

32

33

34



山は本当にいいです☆

岩手山~♪いよいよだよ~♪

待っててね~~♪\(~o~)/♪

2014年6月14日 (土)

東根山 ~岩手山登山へ向けて7~

このブログも登山のカテゴリーが増えてきました(笑)

そのうち、登山ブログになるのかも??

岩手の山限定のような気がしますが(笑)


水曜日、東根山に行って来ました。

東根山は今年初めてですが、通算3回目の登山です。

森の中を淡々と散歩しているうちに頂上へ…といったような感じの山でしたが、

一緒に行った姉は、息を切らし30mくらい歩いては休んでいたような?(笑)


梅雨真っ只中でしたが、雨にも降られず、雲の中の幻想的な東根山を堪能してきました。

5

これは頂上。まったくな~んも見えませんでした^^;cloudcloudcloud

6

数少ない展望景色

3

道ばたにプランターでもないなぜか?陶器に?何の芽?かわゆ~いbud

1

見事な倒木♪苔が美しいです☆

2


東根山は、ラ・フランス温泉に登り口があります。

ということで、帰りは入って来ました^^

頂上での写真を提示すると、500円で入れます♪

もちろん!撮りましたとも(*゚▽゚)ノ


昨日は満月でした。

今回は、なにが満ちたかな~♪

わかんないけど、しっかり感謝♪♪♪

4

ありがとう~♪


岩手山!

いよいよ来週です♪\(~o~)/♪

2014年6月 3日 (火)

季節限定 ~こんな夕日をみれるのも~

季節限定。

こんな夕日をみれるのも…この時期だから。。

日本の里山の美しさです。

2


季節がぐんと進んで、短い春があっという間にどこかへ行ってしまい、

なんだかとてつもなく暑い夏がいきなりやってきました(笑)sun

洗濯物は乾いて、湿度も高くないし夜は涼しいので、

この季節が長くてもいいかなって思います。

ちょっぴり梅雨が恋しい気もしますが(笑)rain


あ、でも、岩手山の時は晴れて欲しいなぁ。。fujisunshine

それとお伊勢参りの時も(笑)shine

6月は、なにかが変化してゆく兆しを感じますshineheart02shine

2014年6月 2日 (月)

岩手山 ~岩手山登山へ向けて6~

岩手山へ行って来ましたfuji

43

といっても、4合目まででした(^^ゞ

相方の体調がイマイチで山頂までの登頂を諦めました。

それでも4合目まででも1,000mは越しているらしいので、姫神山クラスかな?

なんとも良い景色でした。

時間を掛けて登ったので、疲れも無く、森林浴のせいか?

昨日は山に行った気がしないくらい爽やかな夕方でした(笑)


早池峰山での途中下山を経験して、瞬間瞬間を楽しむことを覚えました(笑)。

なので、昨日の途中下山も、悔いも無く、次回への不安と期待が膨らみました(笑^^;)

こんな感じです♪

4

40

美しい花々に元気をもらい

35


37


39

こんな子達も(笑)

38


41

そうそう、春ゼミが盛んに鳴いていて涼しさが増しました。

これは豆腐岩(読んで字の如く^^)


42





29


30

自衛隊の演習で煙が上がっていました(音も凄かった)

10

姫神山と早池峰山も並んでいます。

27


これは4合目の景色です。

光?が降り注ぐ中に飛行機が飛びさって行きましたairplane

19


23

真ん中が4月に行った鞍掛山。

18

可憐な花々は疲れを吹っ飛ばしてくれます^^

20

いわ いたっ

でもきもちいい~♪

6

4合目までの登山道は森林浴をしているようでしたしclover景色は晴れやかでsun

もう帰って来たくありませんでした(笑)

あそこに家があればなぁとhouse

31

涼風の余りの気持ち良さに、この木々の木陰でお昼寝したいなぁsleepy

と思いながらも、ごつごつした岩場でのお昼寝は難しかったです(笑)


帰りは小岩井方向へ抜けて御所湖を通って来ました(帰り道の岩手山)

34

昨日の御所湖もとてもキレイでしたshineshine

あそこの景色も私は大好きですheart04

32

そうそう、登山口から岩手山の水を汲んできました。

のどの通りが優しくて美味しい水です♪

家が岩手山の近くにあればよかったなぁ~(笑)

44


20日まで、息子の大会が続くので登山はお休み?かな。

もう一回くらい早池峰山に行きたいなぁ。。

2014年5月26日 (月)

早池峰山 ~岩手山登山へ向けて5~

息子の宿泊研修の岩手山登山に一緒に行きたくて始めた

”岩手山登山へ向けて” 特訓登山も5回目となりました。

先週、途中下山を決断した早池峰山でしたが、今週は行けました~♪


先週より雪が解けていましたが、登山口から相変わらずの霧と強風でした^^;

00

先週より気温は高いも、風が強かったのですが、そんなことは関係なく、

花たちは咲き始めていました。

 cloverミヤマキンバイ

1

 cloverミネザクラ

2

 cloverヒメコザクラ

4

 clover オウレン

21

 cloverショウジョウバカマ

32

実はこれ、登りの時はまったく余裕がなく(強風のため^^;)見えなかったのですが、

下りは風も止んだので見れたのです(笑)(^^ゞ


眼下に雲を見ながら(雲の中を通っていったのです~スゴイ!)

雲の美しさと、強くはある風も、先週よりは暖かかったので気持ち良くて

様々な自然を肌で感じることが出来ましたfujicloudtyphoonsnowclovercherryblossomshineshineshine

でもね^^;;;

風速10~20mはあったと思うのですよ~^^;

この私が飛ばされそうで^^;同じ姿勢を保っているのが辛くて^^;

大学生のパーティは強風のため途中下山してゆきましたもん^^;;;

8

雲の流れが速く、私達を通り過ぎてゆきました^^;

9

10

こんなところを登って~

12

こんな梯子を登ります^^;

43

頂上を前に、雪道です^^

14

遠~くにかすかに岩手山も見えました~♪

 岩手山~待っててね~~♪♪

17

頂上で食事していると、お日さまが顔を出しました。

19


この日は、丁度、早池峰山のトイレのし尿を運びおろす日のようでした。

今年から、山小屋のトイレの全面使用禁止で、携帯トイレのみ使用可能トイレとなります。

なので、今年はし尿運び最後の日(年)だったそうで、私もリュックに荷物が入るなら、

運びたいと思いましたが(最後だし…)、小さいリュックだったので叶わず下山しました。

軽くて5kg、重い人は10kgを持って運んでいたようです。

アタマが下がりますm(__)m

みなさん、大好きな早池峰山への恩返しだと言っていました。。

これで、名実ともにキレイな山になってゆくのでしょうね。

あとは、高山植物を無断で持って帰るような輩が減ることを祈ります(-人-)


実は昨夜、寝ていると脚が攣りました^^;;;

登り2時間、下り1時間ちょっとの行程は、まだもう少し私には辛いようです。

なので、膝の状態が思わしくなくて休んでいたトレーニングを増やした方がいいのかな?

などと思いましたが、岩手山登山で疲労しきってもなんなので^^;やめました。

ぼちぼちいきます(笑)(^^ゞ


いや~…私は結構過酷が好きなんだなぁと改めて思ってしまいました~(笑)

でもね、きっと、その方が楽しさも増すんです♪

晴れやかな中をゆっくり周りの景色を眺めながらも、とっても素敵ですが、

時には、進まない足取りに耐え、思い通りにならない気象条件に苛立ち、

ただひたすらその時を過ごし、その時や場所をクリアした時の達成感と爽快感を感じ、

思い出すと、あの苦しさも結構楽しかったと思えて…しかもそのことって

案外忘れてしまうもので(頂上に着いた時にはあの突風の苦しさも忘れてました笑)

同時に自信となって自分を支えてくれるものになっていたりして。。

あ~、人生とおんなじだな。。って思ってしまいます(笑)

そして、自分を楽にしてれる方法やツールが必ずあって、

それをうまく使いこなすのも、いいもんだなぁと、必要なんだなぁと思えました。

若さはがむしゃらですが(笑)、年齢や経験を重ねるごとに、楽に登る(生きる)方法を

身に付けて楽しむことも、いいものなんだなぁと…重ねることが楽しみになりました。

年齢も。。

経験も。。

人生も。。

26

2014年5月19日 (月)

早池峰山 ~岩手山登山へ向けて4~

早池峰山に行って来ました。

昨日の麓の気候は曇り。

ということは、山はもちろん曇が懸って見えませんでした^^;

昼過ぎに晴れるということだったのと、先週から予定していたので、

思い切って行って来ました。


早池峰山に向かう大迫町内はまさに百花繚乱♪

山道は新緑の美しさと滝の音に癒されました。

18

が、登山口に行くと…^^;;; こんなんでした。

17

登山道はまさかの雪道でしたが、山小屋を管理しているオジサンたちが

ちょうど見廻りに行くというので付いて行っていいとのことで案内してもらい…

なはずが、オジサン、方向がイマイチならしく(笑)案内するカタチとなりましたが(^^ゞ

居てもらうだけで安心でしたので(笑)、1合目まで付いて?連れて?行きました^^

こんな感じ。

2

オジサンとお別れし、いざ!山頂へ。。

早池峰山は岩を登ってゆくので、足の運び方で疲労度も違うような気がします。

ほら、こんなですもん^^

11

驚くほど、進むほどに霧と強風が…しかも冷たい><

7

氷はキレイで、アナと雪の女王のように雪を撒いたりしましたが(笑) 

ありの~ままで~♪

16

登るほどに氷が増え^^; 手はかじかみ^^; 

どんどん季節が逆戻りしてゆき^^;;;

9

ということで、5合目過ぎたところで、勇気を出して下山の道を選びました^^;


今回の登山は、途中下山という選択を初めてした実りある登山となりました。

頂上から下山してきた人に様子を聞いて無理をすれば行けないことも無かったのですが、

引き返す勇気を今回は学びました。

その判断は本当に難しいものでした。

まだ体力はあるし、行きたい気持ちもあるし、行けそうな気もするなかでの決断なので、

その選択が正しかったのかどうかもわからないのですが、でも、遭難してしまうのって、

案外簡単なのかもしれないなっても思いました。

もうちょっと行けるかも、とか、もうちょっとで晴れるかも、とか、そこが生死の境目に

なることもあるわけで、それでもうまく行く時も知っているから諦められず、

あそこには生き様が出るのではないかと思いました(笑)

私達と言えば、あの過酷を味わうことで、まだまだ登山ごっこの域を超えていないなぁと

自覚でき^^; 登山の怖さを垣間見た感じでした。

オジサンに言わせると、一度や二度死にかけないと本物でないそうですが(笑)

怖さを知って尚そこへ向かうことが本物へ近付くということなのかなって思いました。


そうそう、オジサンたちに大学生か?って聞かれました^^;;;

いや、大学生の子がいる年齢です^^;;;

(でもちょっぴり嬉しかったりして(^^ゞ笑)

山小屋に招かれてバナナをもらったり名前を紹介しあったりして、来週も来ます~♪と

言って帰って来ました。。


いや~、山は人生観を見ると言いますが、今回の登山は

本当にたくさんのことを感じました。

登山は人生そのものだなぁと、シンプルだけどとても深い真理が

あるように思えました。。


今週もリベンジで早池峰山に行きます^^

2014年5月14日 (水)

姫神山 ~岩手山登山へ向けて3~

日曜日、またまた姫神山へ行って来ました。

2回目とあって、なんだか楽に登れました^^

景色は刻一刻と変わってゆきます。

時は流れます。。先週より快晴でパノラマビューを楽しみました♪

Hime

Hime3

Hime5

早池峰山も見えました♪

Hime31

Hime07

今回はこんな風に光が写り込みました♪

偶然とはいえ、嬉しくて待受画面に(笑)

Himekami2



諦めるということについて思います。

人は諦めなければならない事、人、物があります。

それを諦めなければならない”時”というのがやってくるのだと思います。

諦めるということは、しがみつきたい自分にケリを付けることなので、

とっても勇気がいることです。

それでも諦めなければならない時はあるのです。


私の好きなカウンセラーが、諦めるということをこう言っていました。

『諦めることは、本来、明らかに認めていくという、自分を守り、癒す行動です。

決して自分がだめだから諦めるのではなくて、自分の心が動いたから明らかに認めて、

諦められていくということです。』

そうだなぁと思います。


諦めることで、自分の最適に向かってゆくことを信じて、

静かに手放してゆく”時”を、わかりたいものです。

諦める勇気を持っていたいものです。


満月は数時間後の4時16分。

なので今夜は満月時間に一番近い日ですね。

なんでも今回の満月は一年で最もパワフルな満月だとか^^

しっかりパワーを頂きましょう♪

Simg_5813t

«姫神山 ~岩手山登山へ向けて2~

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ブログパーツ